家庭学習のコツ

家庭学習についてのWebサイト「家庭学習のコツ」




家庭で学ぶ習慣作り

「家庭学習」と言っても、その効果や方法は人それぞれです。学齢や環境によっても異なる場合がありますが、基本的に家庭における学習時間を確保する、または勉強している状態のことを言います。この家庭学習ですが、人によってその方法や手順、段取り等が異なるため、効果の是非が議論されることが多いようです。親がしっかり面倒を見る方が良いと言われたり、自発的に行うのが良いとされたり、着目するポイントによって賛否が分かれます。しかし、家庭学習の習慣をしっかり身につけた子供は「考える力」を持った子が多く、学校の成績なども割と高い水準を持っていることが多いため、低学年のうちから「家庭学習」の習慣作りは推奨されているようです。

学校では基本的な勉強は教えてくれますが、家庭学習の方法は教えてくれません。例えば先生方に質問したとしても、家庭学習を推奨る話をしながら「家庭学習の方法の一例」を挙げるだけで、事細かにその手順などを教えることはほとんどないため、親は困ってしまう場合が多いようです。結果、子供に家庭での勉強習慣をつけてもらうために、あの手この手でアプローチし、学校の教科書を用いたり、宿題をするだけで良しとしたり、市販の教材や塾などに頼る結果に落ち着くというのが現状のようです。しかし上記の方法では正しい家庭学習とは言えない面もあります。多くの教育機関などでも提示されていますが、「学習の基礎基盤をしっかりとしたものにする」「自分から学び行動する」などが目的とされているためです。家庭内で勉強した=家庭学習ではないのですね。宿題と同じ「単なる勉強の時間」で終わってしまわないよう、親も子も家庭学習に真剣に取り組める環境づくりを心がけましょう。そうすれば、いつかきっと形となって表れるはずです。